UTグループ株式会社

経営方針・体制

経営方針・体制

ディスクロージャーポリシー

1. 基本方針

当社は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。金融商品取引法、東京証券取引所の定める適時開示規則を遵守した情報の開示を行なうとともに、当社をご理解いただくために有効と思われる情報につきましても、積極的かつ公平に開示する方針です。

2. 情報の開示方法

東京証券取引所の定める適時開示規則において適時開示の対象とされている重要情報の開示は、同取引所への事前説明後、適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。さらに、TDnetにて公開後、すみやかに報道機関に同一情報を提供したのち、当サイト上にも同一資料を掲載いたします。なお、ツールやシステムの準備の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より遅れることもあります。

また、当社は当サイトが株主、投資家の皆様に対する重要な情報発信ツールのひとつと考えており、適時開示規則には該当しないその他の情報につきましても株主、投資家の皆様のご理解に供すると判断した情報は積極的かつ公平に開示してまいります。

3. 業績予想および将来の予測に関する事項

当サイトに掲載されている業績の見通し等将来に関する情報は、現在入手可能な情報に基づいて当社経営陣が合理的と判断したものです。当社としては当然ながら、この目標達成に向けて鋭意努力して参りますが、実際の業績等は、市場動向、経済情勢など様々な要因の変化により大きく異なりうる可能性がありますことをご承知おきください。

4. 沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として決算期日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」としています。この期間中は、決算に関連する質問への回答やコメントは差し控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に業績予想が大きく変動する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表いたします。

5. その他

当サイトへの情報掲載は、当社に対するご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関するご決定は、利用者ご自身のご判断において行なわれるようお願いいたします。