UTグループ株式会社

経営方針・体制

経営方針・体制

IR宣言

UTグループは、「IR活動を経営の最重要課題のひとつ」として明確に位置づけ、ここに「IR宣言」として広く公表することとしました。「パブリック企業としての説明責任を果たし、常に明瞭な企業メッセージを発信する」ことで投資家・株主の皆様から信頼される企業をめざします。

UTグループIR宣言

UTグループはここにIR宣言をいたします。

  • IR活動を経営の最重要項目のひとつとして位置づけます。
  • ジャスダック上場のパブリック企業として説明責任を果たし、常に明瞭な企業メッセージを発信いたします。
  • ビジネス環境や業績の好不調に関わらず、一貫して前向きなIR活動を行います。
  • 個人投資家、機関投資家、また国内、海外を問わず、すべての市場関係者に対して公平かつタイムリーなディスクロージャーを行います。
  • 市場ならびに株主・投資家の皆さまとのゆるぎない信頼の確保・構築に努めます。

UTグループのIR活動目標

UTグループは、IR宣言に基づき、具体的なIR活動目標を定め、株主・投資家の皆さまとの長期的な信頼関係を構築し、企業価値の最大化を図ってまいります。

1. 企業の認知度向上に努め、事業内容の理解促進に注力します。

  • 個人投資家向け説明会を年4回以上開催します。
  • アナリスト・機関投資家向け決算説明会を年4回開催します。
  • 個人投資家向け説明会、アナリスト・機関投資家向け決算説明会で使用したIR資料や質疑応答の内容については、可能な限りウェブサイトに掲載して広く公開します。

2. 企業理念ならびに経営戦略を情熱を持ってお伝えいたします。

  • 個人投資家向け説明会、アナリスト・機関投資家向け決算説明会については、すべて代表取締役社長の若山陽一が直接説明し、すべての質問に回答します。
  • アナリスト・機関投資家との個別取材については、すべての取材依頼に対応します。個別取材においては、代表取締役社長の若山陽一またはIR担当のいずれかが対応します。
  • UTグループの企業価値や事業戦略が明快に伝わるIRツールの提供を目指し、会社説明会や決算説明会で使用するIR資料の改革に取り組みます。

3. 中期経営計画に則った適正株価の形成を目指します。

  • 中長期的な企業価値を向上するために、中期経営計画に対する経営の進捗状況を株主・投資家の皆さまに明確に報告いたします。
  • 中期経営計画に則った適性株価の考え方を発表いたします。
  • 中期経営計画を着実に達成する過程において、適性株価の形成を目指します。

4. 中長期のステークホルダーを増やし、株主満足度の向上に邁進します。

  • 株主・投資家の皆さまの声を経営にダイレクトにフィードバックし、企業価値の向上に積極的につなげます。
  • より多くの株主の皆さまにお越しいただけるよう、株主総会を土日に開催します。また、株主総会や株主懇親会では、基本的に寄せられる質問すべてに対し、議長を務める代表取締役社長の若山陽一が回答します。
  • 株主・投資家の皆様に、EBITDA成長率30%以上(中期経営計画5カ年の平均成長率)、配当金と自己株式取得による総還元性向30%以上をコミットいたします。