UTグループ株式会社

経営方針・体制

経営方針・体制

コンプライアンス

コンプライアンスに関する基本的な考え方

UTグループでは、法令や規範を遵守し、企業倫理に適った企業行動を実現していくために、社外の弁護士も参加する「UTグループ コンプライアンス・リスク管理会議」を設置し、横断的に管理。グループのコンプライアンス遵守の強化に努めています。

また、各社員向けに「コンプライアンス・マニュアル」を作成し、独占禁止法や知的財産権、贈賄禁止、情報システムの適切な使用など、注意と対策を促しています。

コンプライアンス体制

「コンプライアンス・リスク管理会議」と「内部通報制度」

当社は、コンプライアンスの推進については、「UTグループ コンプライアンス・リスク管理会議」が中心となり、それぞれの立場でコンプライアンスを“自らの問題”としてとらえられるよう研修などを通じて指導しています。

また、社内においてコンプライアンス違反行為が行われ、または行われようとしていることに気がついたときは「内部通報制度」を設けて、メールや電話などで報告・相談を受け付けています。なお、匿名性を確保し、通報者が不利益を被らない仕組みを整えるとともに、寄せられた情報には迅速に対処しています。

コンプライアンス体制図

UTグループコンプライアンス行動規範

私たち UTグループは、コンプライアンスの実践により、健全で透明性の高い企業経営の実現を目指します。

  1. 法令遵守と公私のけじめある行動

    私たちは、各種労働関連法制をはじめとした法令を遵守し、社会規範に反することのない公明かつ公正な企業活動を遂行します。また、一人ひとりが公私のけじめをつけて、常に正しく行動し、不正な行為は行いません。

  2. お客様の信頼と満足

    私たちは、お客様のニーズにかなう商品・サービスを提供するとともに、正しい商品情報を的確に提供し、お客様の信頼と満足を得られるよう、常に誠実な姿勢でのぞみます。

  3. 株主・投資家に対する適正な情報開示

    私たちは、株主・投資家に対して、正しい理解と評価を得るため、当社の経営方針や財務内容、事業活動状況等の企業情報を適正に開示します。また、社内外を問わず、未公表の重要事実を利用した株式の取引など、インサイダー取引規制に違反する行為は行いません。

  4. 公正な競争と取引

    私たちは、適正な取引及び公正かつ透明な競争を行い、常にビジネスパートナーと健全な関係を保ちます。また、公正な競争を阻害する恐れのある行為は行いません。

  5. 従業員の成長と自己実現への環境づくり

    私たちは、従業員一人ひとりの個性や能力を最大限発揮し、自己実現を図るための良好な職場環境づくりに努めます。また、チームワークを重んじ、必要な情報を共有するとともに、自由に発言できる風通しの良い環境を維持します。

  6. 地域社会との共存

    私たちは、地域の発展と快適で安全な生活に資する活動に積極的に協力するなど、地域社会との共存を目指します。

  7. 環境保全

    私たちは、環境に関する法令を遵守するとともに、資源を大切にし、事業活動を通じて環境課題に取り組むことで、持続可能な社会づくりに貢献します。

  8. 人権の尊重

    私たちは、従業員一人ひとりの基本的人権を尊重し、一切の不当な差別を行いません。また、セクシャル・ハラスメントなどの、個人の尊厳を損なう行為は容認しません。

  9. 情報の適正な管理

    私たちは、業務上知りえた派遣先に関する情報、当社及び顧客に関する営業秘密、役員・従業員・社外の個人情報等について、第三者に情報が漏洩しないよう厳重に管理します。

  10. 反社会的勢力及び不当要求への対処

    私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関係を持ちません。また、不当な要求に対して、毅然とした態度で対応します。

一般事業主行動計画書の公表について

次世代育成支援対策推進法に基づき、UTグループとしての取り組み内容を公表いたします。
(届出日時:2015年6月25日東京労働局雇用均等室)

育児と仕事の両立支援に関する行動計画はこちらから